2009年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ご心配おかけしました。。。

皆さまこんばんは。


先日はご心配おかけするような記事を書いてしまい、大変申し訳ございませんでした。


今日病院に行き、外傷は無く、心音や触診での異常は今のところ見られないので様子を見るということになりました。


コメントやメールをいただきまして、本当にありがとうございました。


とても励まされました。















先日のこと。


うちのテレビ台はこのような形になっているのですが(ヘタクソすぎ)・・・


tv.jpg
(上から見た図)


かぼがいつも黄色くしているところに降りてコードを囓るので、固いワイヤーでできた網(?)を置いているんです。


4センチの格子状になっているものなのですが・・・・











先日もかぼをケージから出して、部屋を走らせていました。


『今日はテレビ台の後ろにも入り込んでいないし、静かにしてるなぁ』と思っていました。


そうこうしていたら妹が帰宅し、仕事の話を真剣に聞いていたんです。


20分ほど経っていたと思います。


話が終わって、『本当に今日は静かだなぁ』と思い、部屋を見渡したのですが、かぼの姿がなくなっていました。


まさかテレビ台の後ろに?と思い、テレビの後ろを覗き込んでみると・・・・・








一気に血の気が引きました。


自分の顔が真っ青になっていくのが明らかでした。









かぼはその4センチ角のワイヤーにはまり、ずっと逆さまになっていたのです。











狭い間をくぐろうとし、体が抜けなくなっていました。


鳴いてもがく力も残っていなかったようでした。


目はうつろになっていました。







私は手がガクガクと震え、パニックに陥りました。


ですが、かぼを早く助けなければと正気に戻り、網を持ち上げました。


すると、少し動かしただけでもものすごく痛かったらしく、大声で苦しそうに鳴き始めました。


体はパンパンになっていました。


下半身のところで止まり、それから抜けなくなっていたのですが、上半身は燃えるように熱く、下半身はいつもより冷たかったんです。


かぼすは苦しさでパニック状態・・・・


今まで甘噛みしかされたことがなかったのですが、恐くて仕方なかったのでしょう・・・・必死に私の手を何度も噛んでいました。






引っ張れば確実に危ない。


抱き上げただけで痛くて仕方無い様子。


ワイヤーを切るしかないと思い、妹が急いでペンチを持ってきてくれました。


しかしワイヤーはかなり固く、しかもかぼの体とワイヤーの間に1ミリの隙間もありません。


ペンチを間に入れようと思うのですが、痛さで鳴き叫んでいました。


今でもその声が耳を離れず、仕事も全く手につきませんでした。


しかし、私のせいで何分も何分も宙づりのまま。


これ以上うっ血している時間が長くなれば死に繋がりかねません。


『本当にごめん』と強く思いながら、ペンチを隙間に入れました。








『私のせいで、私のせいで』と涙が止まりませんでした。


とても痛そうに鳴くかぼを早く助けてあげたいと思いました。


でもワイヤーはものすごく頑丈で全く切れません。


何度も何度も違う角度からペンチを強く握り、少しずつ削るようにして切りました。








これがそのワイヤーです。


これ1


一カ所だけでは抜け出せず、このような形まで切りました。


わいや2


たくさん毛が抜け落ちました。







かぼの体はずっと激しく震えていました。


やっと抜け出せた時もすぐに巣箱に戻り、全く出てきませんでした。


少し出てきてくれたときに抱きしめたのですが、ものすごく震えていて、いつもは大好きな抱っこも怖がっていました・・・


かぼに対して申し訳ない気持ちしかありませんでした。


どれだけ泣いてもかぼの苦しみには変えることはできません。


本当に母親失格と思いました。


『可愛いだけじゃ動物は飼えない』


私がいつも心に留めていた言葉ですが、それなのにどうしてすぐに気付いてあげられなかったのか。


本当に後悔しています。


かぼちゃん、本当にごめんなさい。















『これから先、抱っこが恐くなったらどうしよう』


『部屋を元気に走ってくれるのか』


たくさんの不安があり、涙が止まりませんでした。


でも一夜明け、かぼはちゃんとごはんを食べ、得意の回し車も披露してくれました。


ふっかつ3


こんな私にまた元気な姿を見せてくれるなんて、


本当に涙が止まりませんでした。


かぼちゃん、神様、ありがとうございます。


もう絶対にあんな苦しい思いはさせません。


だからこれからも元気でいてね。。。。


本当にごめんね。。。。













かぼちゃん、皆さんがかぼちゃんのこと心配してくださったよ。


かぼ4


そうだよ。お礼を言おうね。


みなさま5


本当にありがとうございました。


皆さまの気持ちが届いて、かぼが元気になったのだと思います。


最低な母親ですが、これからはもうこんなことが無いよう、かぼを守っていきたいと思います。

















☆一生懸命頑張ったかぼに愛のわん・ポチリをお願いいたします。
  
     ↓↓↓


にほんブログ村 小動物ブログ チンチラへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

| かぼすとの日々。 | 23:54 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。